沈黙のマイノリティ

最強オヤジの怒りがついに爆発する

ドラゴンボール超 ブロリー 感想⑪ ブロリーvsゴジータ!!!

悟空とベジータフュージョンで合体した戦士・ゴジータと、最強の

サイヤ人ブロリーとの、天地を揺るがす大決戦が始まった!

ゴジータ超サイヤ人に変身したことで、二人の金色の戦士が紺色の空にて

激しくぶつかり合う!

両者の拳や蹴りが高速で繰り出される攻防の中、超ゴジータの右アッパーが

ブロリーの顎をとらえる!

さらに超ゴジータは、右の肘撃ちを腹部に叩き込み、強烈な回転蹴りも顔面に

直撃させる!

この衝撃で超ブロリーは、超速度で地面に落下する!

ゴジータは、地面の超ブロリー目掛けて、雨のような無数の連続エネルギー波を

発射する!!

逃げ場のない超ブロリーは、無数のエネルギー波を浴び続ける!

それでも超ゴジータは攻撃の手を緩めず、まだまだエネルギー波を放射し続ける!!

万事休すかと思われた超ブロリーだったが、自身の気を体の周りに放出し、バリアーの

ようにしてこのエネルギー波の雨を脱する!

そして再び、両者の高速の拳と蹴りによる攻防が始まった!

 

目にも留まらぬ打ち合いの中、超ゴジータかめはめ波と超ブロリー

ダブルエネルギー波がぶつかり合う!!

すると、あまりの高エネルギーによって空間に歪みが生まれ、次元に穴が開き、

二人は異次元空間へ吸い込まれてしまう!

そこでも構わずに、激闘を続ける二人!

ゴジータブロリーのボディーに、パンチを何発も連打で叩き込む!

ゴジータが優勢のまま戦闘が続き、彼には余裕さえ感じられる。

そうした情勢の中、超ブロリーもギアを上げる!

自身の気を全て解放し、フルパワーの状態になる!!

ゴジータのパンチをまともに顔面にもらったが、耐え抜き、お返しの

ボディーブローと蹴りでぶっ飛ばす!

ブロリーの戦闘力が高まったことを感じ取った超ゴジータは、こちらも

対抗しパワーを上げる!

超サイヤ人から、超サイヤ人ゴッド超サイヤ人へと変身し、フルパワーだ!

先ほどは耐えられた顔面へのパンチを、再び繰り出す!

この一撃は耐えられることなく超ブロリーの顎を上げると、その隙を見逃さず

ゴジータは連打を打ち込む!

強烈な連打の最後には、スレッジハンマーで超ブロリーを叩き落とす!

起き上がったブロリーは、口からエネルギー弾を連射して応戦!

これらを高速で回避した超ゴジータ目掛けて、超ブロリーが突進してくる!

これをカウンターのパンチで迎え撃った超ゴジータと、突進した超ブロリー

異次元空間で大衝突する!!

すると再び次元の壁が割れ、二人は元の次元へと帰ってきた。

 

押され気味の戦況に、理性を失った暴走状態であっても焦りの色が見える超ブロリーと、まだまだ余裕な表情の超ゴジータ

その頃、フリーザの宇宙船の中を、チライとレモは走っていた。

レモは腕の中に、7つのドラゴンボールを抱えながら。

二人は、このままだとブロリーはやられてしまうことに気付いていた。

だからブロリーを救うため、彼女らは走っているのだ。

敗戦濃厚でも、戦闘マシンにされてしまったブロリーは、闘いを止めることが

できない。

そんなブロリーを救うために―――。

目の前に敵がいる限り、闘うことしか許されないブロリーは、なおも超ゴジータ

勝負を挑む!

ブロリーの渾身の蹴りを避け、背後に回り込む超ゴジータ

それを読んでいた超ブロリーは、気功波で狙い撃つ!

しかし超ゴジータは、逆にそれを跳ね返す!

そして何回転もして、遠心力をたっぷり加えた回し蹴りを、顔面へヒットさせる!

地面に膝が付くのをかろうじて免れた超ブロリーは、口から極太のエネルギー波を

ゴジータ目掛けて放射する!!

両手にエネルギーを溜めながら駆けていた超ゴジータは、極太のエネルギー波を

鮮やかに回避して超ブロリーの背後を取ると、両手に溜めた気功波を投げつける!!

2つの気功波が、無防備な超ブロリーの背後から大爆発を起こす!!

ゴジータはさらに追撃し、超無数のエネルギー波の雨あられをぶち込む!!

大爆発の中からブロリーの悲鳴が木霊する!

容赦のない超ゴジータは、虹色に輝くエネルギーボール・スターダストブレイカ

まで繰り出し、止めを狙う!

この必殺技も直撃すると、地球が壊れるほどの大爆発が発生し、大地が震動する!

爆発が収まらない中、フッと空が暗くなる―。

そして上空に巨大な龍・神龍が出現する。

チライとレモが、ドラゴンボールで呼び出したのだ。

どんな願いも 1つだけ叶えてやろう

 

『バードスタジオ・集英社・「2018ドラゴンボール超」製作委員会』