沈黙のネコパンチ

雑談ブログ

雑談006 今日思ったこと(R2/9/15)~佑樹引退100%他

 

 

【悲報】男・斎藤、打たれる(二軍)

ブログタイトルとか超失礼だけど、私は斎藤佑樹投手の大ファンです。

今年も全力で彼を応援してきたが、今シーズンは状態が最悪だ。

残念ながら、シーズンオフに退団が濃厚だろう。

今日のファームは、先発・吉川ー斎藤佑ー宮台ー高山ー鈴木遼ー浦野と

なにやら意味深な投手リレー。

そんな中、斎藤投手は今日も2ラン被弾で2失点。

前回登板も2軍の若手相手にフルボッコにされ3失点と、そのあまりの

内容に私は見てられず、「もうやめてくれ!佑ちゃんと俺のライフは

もうとっくに0よ!(涙)とパソコンの画面にタオルを投げたものだ。

前回登板とかそうだが、ストレートがいいコースにいっても、相手打者

(2軍の若手)に難なく弾き返される場面が目に付く。

やはり130キロ台の速球では厳しいと、現実を叩きつけられたようだ。

30歳を過ぎたベテラン選手が、1軍に1度も上がれず、2軍で防御率

壊滅的な数字だとすれば、球団から構想外になるのは免れないだろう。

彼の熱心なファンたちは、まだ必死に未来を信じているが、私は現実を

受け止めたい。

「よくやった……。いい投球だったぞ……。でも、もう終わったんだ……」

私の予想では今季限りで引退だろうと感じる。

恩師の栗山監督と共に、札幌ドームで有終の美を飾るのも悪くないと思う。

 

遠藤関、星を五分に

大相撲秋場所では、小結・遠藤が4日目を終えて2勝2敗の成績。

初日に大関・朝乃山を下して、「今場所こそイケる!」と思わせておいてからの

翌日、番付が下の妙義龍にあっさりと敗れる、いつもの遠藤クオリティ。

3日目の正代戦は、厳しいだろうと予想していたが、その予想を下回る一方的な

やられ方……。

やっぱり今場所も勝ち越すかどうかの、8-7、7-8ラインなのかと思わされたが、

4日目の今日は、照強相手に強さを感じる取り口で勝利した。

明日は隠岐の海戦が組まれている。

明日の取り口で今場所の遠藤の状態が、ある程度分かるような気がする。

あと相撲界は、不要不急の外出率が高すぎるよな。

プロスポーツ団体では、傑出した多さだよ。

芸能界と相撲界は、この分野の2大巨頭やで。

 

今週の週刊マガジン掲載・はじめの一歩感想

ビリーが弱い……。

一応、WBAWBCの王座統一戦の様相を呈しているのに、このかませ感…。

私の戦前の予想通り、リカルドが相手になにもさせないまま、無傷で圧倒して

試合終わりそう。

え? ビリーさん。無敗の元・王者でしょ?

いくらリカルドが怪物スーパーチャンプだからとはいえ、ここまで力に差が

ありすぎてええんか?

リカルドが強すぎるだけかもしれないが、読者目線からは「ビリー弱すぎだろ!

よくリカルドに挑戦できたな?ランキング何位?ファッ!?元WBC王者!?」

これでは世界チャンピオンの格、下げすぎになるのではないか?

ベルトを返上してまで怪物王者に挑んできた、無敗の元・王者なのに弱気すぎる。

引退前の一歩でも、ビリーに挑戦していたら勝てそうやないか。

ゴンザレスは、過去のリカルド戦でどの程度やり合えたのだろう?

少なくともビリーよりは、リカルド相手に善戦したと思うが。

実際ゴンザレスは、リカルドにこだわっているだけで、実力は世界王者級と

称されていたからビリーより強かったと思われる。

下手したらビリー、伊達さんより下かも。

そのゴンザレスや伊達といい勝負をした一歩や千堂は、並みの強さの世界王者

だったら倒せるくらいの実力を、すでに身に付けているってことだよな。